会社を開業する時には、事業資金が成功する1つのポイントになります。事業資金がどれぐらいあるかによって、大きく左右されるという事です。そこで、今から事業資金が多いメリットと少ない場合のデメリットをお話するので参考にしてくださいね。

事業資金が多い場合のメリット

事業を開始する時には、事業資金が多い方が当然余裕を持って仕事ができます。そこで、事業資金が多い場合のメリットについていくつか紹介していきます。これからお話するメリットを把握して、事業資金の準備に力を入れてくださいね。

赤字スタートでもあせる事がない

これから事業を始める方は、必要な事業資金を確保することが最も大切なことの一つです。事業資金をどう用意するかは、人により様々な方法がありますが、開業前には事業資金をできるだけ多く用意したほうがよいと…

For Detail »

思い切ったチャレンジができる

これから事業をスタートさせる場合には、事業資金が重要になります。初めてビジネスをスタートする場合には、十分なお金がないことが多いでしょう。多くの場合、脱サラなどをして行うためビジネスを拡大するのに…

For Detail »

事業資金が少ない場合のデメリット

初めから赤字スタートだとあせる

新規に事業を始めるにあたって多くの人が頭を悩ませるのが資金繰りです。少ない事業資金に加えて、なんとか銀行から融資を受けて事業を開始してもしばらくは利益を上げることが出来ないという事業主を多く見かけ…

For Detail »

何をするにしてもお金で悩むことになる

事業を行う上で大切なことは色々あります。人材確保、設備調達、業種によっては仕入れなど、いわゆる「ヒト・モノ・カネ」といわれる経営資源です。この経営資源の考え方は、カネよりモノ、そしてヒトが重要度が…

For Detail »

利益が出るまで生活が苦しくなる

事業資金をたくさん集められないというケースも多いです。事業に必要な資金を最低限集められれば、事業は始めることが可能でしょう。しかし、最低限の事業資金だけでは利益が出るまで生活が苦しくなります。他に…

For Detail »

従業員を雇いやすい

給与がきちんと支払える

会社を経営していると、取引の内容によっては仕入れ代金の支払いや売り上げの入金までにタイムラグが生じることがあります。飲食店や小売店なら毎日お金の出入りがありますが、それ以外の事業の場合は売上金の入金が数カ月先になるケースがあるのです。もちろん契約書などを交わして入ってくる金額は分かっていますが、すぐに現金が手に入る訳ではありません。 売上金だけでスタッフの給与を賄おうとすると支払いが難しくなりますが、ある程度事業資金があれば売上金が入ってきていない状態でもきちんと給料を支払うことが出来ます。きちんと給料が支払えるのなら必要な人数のスタッフを雇えますし、求人も出しやすくなるのです。またきちんと給料が払えれば、従業員のモチベーションのアップにも繋がります。

従業員を増やしやすくなる

従業員を雇用するときには、人件費としていくらかのコストが掛かります。コストが掛かるのは給料の支払いの他に、社会保険料の支払いなどがあるからです。事業拡大をしたいときにスタッフの雇用は必須ですが、予想以上にコストが掛かってしまうことがあります。ですがきちんと運営資金として事業資金を確保していれば、そんな心配も要りません。 さらに従業員が増えるときちんとしたオフィスが必要になることもありますが、事業資金が多ければ多いほどオフィスの移転にも困りません。家賃や設備費を払うことも出来ますし、大きくて広いオフィスも借りやすくなります。スタッフの数が増えていっても、人数に応じたオフィスに移転することも可能です。

事業資金を調達する際の注意点について

事業資金の調達方法は銀行からの融資が一般的です。しかし、融資を受けるには具体的かつ実現可能な返済プランを提示する必要があるので、金銭管理についてよく勉強することが大切です。